デシケーターとは?|ヨキネコ、ワロキイヌ

思いつきでTSUTAYAに寄りましたが、僕は最近の映画事情に疎いため、何を借りて良いのかが分かりませんでした。

また、Amazonプライム会員でもあるので、特に旧作には手が出しづらかったです。

 

『借りてきた映画がプライムビデオでも観られるものだったら嫌だな…。』

 

このように考えてしまうのです。

 

マンガであればまだ多少は分かるし、インターネット上でも映画ほどはたくさん落ちていないので、今回はマンガ本だけを借りることにしました。

“デシケーターとは?|ヨキネコ、ワロキイヌ” の続きを読む

買ってきた古道具のメンテナンス|ミッキーマウスの大博打!

市場の競りに参加しているときは、もうトランス状態といってもいいくらいに夢中になってしまうこともあるので、後々のことまで考えが回りません。

しかし数分もすると落ち着いてくるので、倉庫のスペースのことや、購入後のメンテナンスやクリーニング、修理などのことを考えて、ゲンナリすることもあります。

 

今はまだ軽トラなどの、荷台の大きな車を持っていないので大事には至っていませんが、僕は意外と家具好きなので、もっと冷静でいられるように頑張ろうと思っています。

“買ってきた古道具のメンテナンス|ミッキーマウスの大博打!” の続きを読む

不意打ちのような大雪|江戸時代の裃(かみしも)

先日、今シーズン最大級の大雪が降りました。

今年は積もるまでの雪が殆ど降らなかったと拍子抜けしていたところに「ドカン」と降ったので、まるで不意打ちを食らったかのような衝撃でした。

 

この土地に長く住む郵便局員の方でも、この雪が降る前日にスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えてしまったと悔やんでいたくらいなので、やはり先日の大雪はイレギュラーなものだったようです。

 

しかし雪が降った日の翌日以降からはまた気温が上がったので、雪がなかなか溶けないはずの我が家の庭も、3日目には殆ど溶けて無くなってしまいました。

 

“不意打ちのような大雪|江戸時代の裃(かみしも)” の続きを読む

4月のララ岡谷|セカンドストリートとマクドナルド

今日は月に一度の楽しみである、ララ岡谷の骨董市です。

[骨董市]3月のララ岡谷|数年ぶりのマクドナルド

開催場所:ララ岡谷2階
住所:長野県岡谷市中央町1丁目1

※今月の開催日は1~4日で、来月の5月も、1~4日に開催するそうです。

“4月のララ岡谷|セカンドストリートとマクドナルド” の続きを読む

オーバーヒート寸前の脳みそ[最終日]

昨日は夕方に2時間も眠ってしまったというのに、夜も問題なく眠ることが出来ました。

元来寝付きが悪いはずなのですが、泥酔していたからか、直ぐに眠ってしまったのです。

もしかすると僕は、なかば酔い潰れていたのかもしれません。

 

いつものように花粉症による鼻詰まりで夜中に目を覚まし、点鼻薬をうって二度寝をし、そして夢をみました。

鼻の穴が一つになってしまうという大怪我をしてしまい、大量に流れ出る血を手で押さえながら、近くにいた人に『申し訳ありませんが、きゅ、救急車を…。』と(少し照れながら)お願いするという奇妙な夢をみたりして、そしてまた早朝のアラームで目を覚ましました。

“オーバーヒート寸前の脳みそ[最終日]” の続きを読む

古道具たちの分解清掃破壊など|おまけ:銀河高原ビール

昨日入手してきた神様たちを、今日は分解したり洗ったりしていました。

初めて買い取ってきたものたちなので、少しでも見栄えを良くしてやろうと気合が入っています。

※罰当たり注意

“古道具たちの分解清掃破壊など|おまけ:銀河高原ビール” の続きを読む

ぼったくりとは?|[古道具]一人立ちの瞬間?

今日は午後から図書館へ行ってきたのですが、どういうわけか、図書館の入り口に交通整理の人が立っていました。

図書館でなにかイベントが開催されていると学習室が使えなくなることがあるので、嫌な予感を抱きつつ、図書館に入っていきました。

今回のイベントは、学習室の奥にあるホールで行われるようで、学習室はいつものように使えたので安心しました。

“ぼったくりとは?|[古道具]一人立ちの瞬間?” の続きを読む

永久時計と不味いピザ|都市伝説好きの為のニコラ・テスラ

・腹が立つほど美味しくないピザを出すお店(※愚痴です。すみません。)

インターネットに書くお店の悪口は、下手をすると営業妨害となりかねないため、詳しく書くことは出来ませんが、値段もそこそこするお店なので悔しくてたまりませんでした。

不可抗力だったとはいえ、実はこのお店でピザを食べるのは2度目です。

前回食べた時から間が開いていたので、不味かった記憶も薄れていたのですが、出てきたピザを一口食べた途端、『あっ!』と思いました。

あの時の記憶がまざまざと蘇って来たのです。

“永久時計と不味いピザ|都市伝説好きの為のニコラ・テスラ” の続きを読む

長野のブックオフにマンガ本を150冊以上持っていった話※悪口多めの感想あり

去年の暮、オタク部屋から出てきたマンガ本やゲームなどを、「ゲオ」や「ブックオフ」で売ってきたのですが、なんとも残念な結果に終わってしまいました。

関連記事:[貧しくなった日本]ブックオフとゲオではもう売らない!?|ユニクロより安いGUで買い物

面倒でも、今後はインターネットで地道に売っていこうとその時は思ったのですが、しかしインターネットで売るというのも手間が掛かるし、大して売れないと分かっているものだから、大量のマンガ本は、ずっとダンボールにしまったまま倉庫で眠らせていました。

最近行き始めた長野の骨董市へ行く道すがら、ブックオフがあると分かったので、もう売ってしまって清々することにしました。

 

まだ全部ではないのですが、それでもマンガ本を中心に150冊以上もあったので、つい皮算用をしてしまいました。

“長野のブックオフにマンガ本を150冊以上持っていった話※悪口多めの感想あり” の続きを読む

[副業に最適!?]1000円以下で優秀な撮影ボックスの紹介

最近は師匠に頼まれて、小物をインターネットで売るようになったのですが、先日師匠とマクドナルドで話をしていたときに、師匠がふと、僕の撮った写真が暗いのではないかと呟きました。

確かに我が家は薄暗いので、どうしたって写真にも影が多くなります。

良く言えば味のある写真が撮れるのですが、宣材写真としては良くないので、急遽Amazonで撮影ボックスを探すことにしました。

あまりお金を掛けたくはなかったので、安いものから順番に見ていったのですが、それでもオススメ出来そうなものを買うことが出来たので、今日は商品レビューを書こうと思います。

“[副業に最適!?]1000円以下で優秀な撮影ボックスの紹介” の続きを読む

[骨董市]3月のララ岡谷|数年ぶりのマクドナルド

人間はかってなもので、忙しいのも嫌うけど、スケジュール帳が真っ白でも、満ち足りない気持ちになってしまいます。

ここ最近は、骨董市に行くことくらいしか予定がなかったので、今日がくるのを数日前から楽しみにしていました。

 

今回行ってきた骨董市は、先月から行き始めたばかりのところです。

規模は大きくありませんが、面白かったので、今後も通うことになりそうです。

「ララ岡谷2階」長野県岡谷市中央町1丁目1

※まだ「仮」とのことですが、来月(2019年4月)は、1日~4日に開催を予定しているそうです。

“[骨董市]3月のララ岡谷|数年ぶりのマクドナルド” の続きを読む

古道具屋みならいのリアルなところ|黒豆シロップの活用法

[Diary:594]

最近は仕入れた古物をインターネットで売るくらいのもので、汗水を流してお金を稼ぐということを殆どしていません。

※小屋作りというちょっと大変な作業はしています。

これまでの僕は、仕事というものは≒で辛いものだと思っていたし、仕事用の人格が必要で、自分の限りある時間を切り売りしているようなイメージを持っていました。

そして仕事が終わってからが本当の自分で、人生は仕事以外の時間にあると思っていたのです。

“古道具屋みならいのリアルなところ|黒豆シロップの活用法” の続きを読む

ララ岡谷の骨董市|安売り天国のはるみ

[Diary:591]

(私事ですが、)僕は古道具屋みならいなので、他県の骨董市に行くことも仕事としてカウントすることに決めました。

骨董市やフリーマーケットなどは、開催時間の前に出店者同士で売り買いされることも珍しくないので、ほしい物を買うためには兎に角早い時間に現地入りしなくてはなりません。

 

誰もが同じだと思いますが、特に冬の早起きは辛いです。

目覚ましが鳴り出した瞬間のストレスは堪りませんでしたが、今日は師匠に教えてもらった、ちょっと遠方の骨董市まで行ってきました。

 

今日の目的地

「ララ岡谷」長野県岡谷市中央町1丁目1

“ララ岡谷の骨董市|安売り天国のはるみ” の続きを読む

帰りたがらない師匠と東京のボロアパート

[Diary:590]

最近は買い取りの仕事がなかったので、師匠からの電話は久しぶりでした。

しかし今日は買い取りではなく、師匠の家の片付けのお手伝いとのことでした。

 

僕の師匠は、家を3つ持っています。

一つがギャラリーとアトリエのある別荘のようなところで、もう一つが、現在住居としている古いお蔵付きの古民家で、もう一つが、今回行くことになる、東京のアパートです。

“帰りたがらない師匠と東京のボロアパート” の続きを読む

古道具屋を『天職』だと胸を張るために|入れ墨のお爺さん

[Diary:582]

フリーマーケットなどの出店予定が無いので、ここ最近はインターネットで細々と販売をするだけだったのですが、古道具屋みならいとしては市場に赴き、商品の仕入れくらいはした方が良いのではないかと思い立ちました。

ある日師匠にアポを取り、市場の入場料と虎の子を懐に忍ばせ、商品の仕入れへと出掛けました。

“古道具屋を『天職』だと胸を張るために|入れ墨のお爺さん” の続きを読む

[美しいものが美しい]松本民芸館で遊ぶ!

[Diary:573]

これから古物で食べていこうと思っているのなら、たまには美術館などへ行って目を肥やしておく必要があります。

自然豊かな田舎に引っ越した代償として、美術館に行くのも一苦労となってしまいましたが、師匠に教わった美術館(民芸館)が隣県の長野にあるので、行ってみることにしました。

我が家は山梨県の端っこにあるので、長野県は車で直ぐの距離にありますが、しかし一口に長野県と言っても広いので、片道3時間もの長旅となりました。

 

※今日は「松本民芸館」の紹介です。

“[美しいものが美しい]松本民芸館で遊ぶ!” の続きを読む

[合理的バカ]良い時計とは?|おまけ:固着した瓶の蓋を開ける方法

[Diary:568]

同じ服を大量に購入して、服選びによる時間のロスや決断のストレスをなくせば、成功者になれるといわんばかりの記事を読みました。

確かに同じ服ばかりのスティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグは成功者かもしれませんが、僕はこれを真似ようとは思えません。

彼らは何故、そして何時、その様な習慣を身に付けたのでしょうか?

成功を収めたことで更に仕事に没頭するようになり、それに伴い、服選びにかかる時間が惜しく感じられるようになったとか、成功する前とでは比べ物にならないくらいの責任が生じ、そのために日々決断の連続で疲れてしまい、この様な習慣が出来ただけなのかもしれません。

※はたまた、アインシュタインなどの過去の偉人を真似ているだけなのかもしれません。

“[合理的バカ]良い時計とは?|おまけ:固着した瓶の蓋を開ける方法” の続きを読む

[生理的に無理!]ボイコット寸前!?不穏な寄せ書きと離れのルサンチマン

[Diary:567]

前回の日記:師匠と僕の一ヶ月|オタクの息子がいるお宅

買い取りで入った東京のお宅には、オタク?と思われる男性の部屋がありました。

今どきのゲームや漫画、電子機器などは師匠の守備範囲外なので、僕が丸ごと受け持つことになりました。

古いゲーム(ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、プレステなど)やパソコン(Windows98~me、XPくらい)などは残っていても、PS3~4、PsVita、大量のフィギュアなどは、箱だけが残っているだけで、中身は入っていませんでした。

他に目についたのは、コミケ関連のものやアニメキャラが全面に押し出された大量の紙袋、ポスター、そして漫画本です。

“[生理的に無理!]ボイコット寸前!?不穏な寄せ書きと離れのルサンチマン” の続きを読む

師匠と僕の一ヶ月|オタクの息子がいるお宅

[Diary:566]

先月を振り返ってみると、師匠の仕事を手伝ったのは4回だけでした。

仕入れで市場に行くことがなかったし、フリーマーケットに出店した日をカウントしても、先月外に出て働いたのは僅か5回でした。

しかしインターネットのお店は、今が書入れ時といわんばかりの売れ行きなので、平均して週に一回の師匠との仕事ですが、今のところはこのくらいが良いペースだと感じています。

 

今月もまた師匠の仕事を手伝っているので、今日はここらへんのところを書いていこうと思います。

“師匠と僕の一ヶ月|オタクの息子がいるお宅” の続きを読む

[11/17~18]何でも薪|北杜市の無料ご飯|アンティークの髑髏と猿

[Diary:559]

ここのところ、「勝手に」逆水攻めに遭っていました。

「勝手に」と書いたのは、水を引くのが当たり前の世の中で、僕は水を引いていないからです。

仮に水を引かないスタイルが市民権を得ていれば、僕は「勝手に」とは付け足さなかったと思います。

しかし、土地に水路がないのに水を引かないなんて、こんなスタイルが広まるとは思えないので、やはり自分のやっていることは少し変わっているのだということを忘れないようにしようと思います。

Ps,近くを流れる用水路が再開しました。これで水問題は解決です。

“[11/17~18]何でも薪|北杜市の無料ご飯|アンティークの髑髏と猿” の続きを読む