猫の夢(怖い話)|古本の天日干し

近々出店の予定があるのですが、早起きをすることに恐怖心を抱くほど、最近は昼夜逆転の生活を送っていました。

不摂生が祟ることなど、夏休み明けを経験した小学生にだって分かりそうなものですが、僕はどうしてもうまくやることが出来ません。

悩んだところでどうせ夜更しするのだから、もう開き直って当日は完徹状態を覚悟することにしました。

 

“猫の夢(怖い話)|古本の天日干し” の続きを読む

斎子の”突き抜けた瞬間”|世間的にはお盆シーズン|古道具の天日干し

朝から物干し竿一杯の洗濯物を干し、近所の川へ行って泳ぎ、、というか流れに逆らって遊んだりして、帰宅後はたっぷりと夕寝をしました。

夏の良い一日だったと思います。

“斎子の”突き抜けた瞬間”|世間的にはお盆シーズン|古道具の天日干し” の続きを読む

970円のドライブレコーダーは買いなのか?|古道具の買い出し

仕事で汗をかけば、風呂に入ったり着替えたりしなくてはならないので、そのことを考慮に入れると、我が家の環境では一日に働ける時間はそう多くありません。

朝起きるのが遅かったり、予定が入っていれば尚更なので、そんな時はたくさんの工具を使うような仕事は出来ません。

“970円のドライブレコーダーは買いなのか?|古道具の買い出し” の続きを読む

諏訪湖周辺のオススメスポット|8月のララ岡谷(骨董市)

僕は月に一度、長野県岡谷市にある「ララ岡谷」で開催される骨董市に通っています。

通うこと約半年ですが、いくつか面白い寄り道もしてきたので、一度まとめておこうと思います。

※他にもオススメがありましたら教えてください…。

“諏訪湖周辺のオススメスポット|8月のララ岡谷(骨董市)” の続きを読む

古道具屋(古物商?)の憂鬱|ダメ押しのトマト…。

僕の仕事は、「古道具屋」「道具屋」「旗師」「買い出し屋」「骨董店」「アンティークショップ」、場合によっては「せどり」などと、呼び名がいくつもあります。

同業には「道具屋」で通じますが、お客さんには馴染みの薄い言葉だと思うので、その時の商品やお客さんに合わせて、便宜上名称を変えることもありえます。

こんなところがまた、ちょっと怪しい業界のように思われる要因の一つなのかもしれません。

この業界では古物の免許が必須なので、だったら全員「古物商」で良いのかもしれません。

 

“古道具屋(古物商?)の憂鬱|ダメ押しのトマト…。” の続きを読む

田舎の納屋の中身|富士見町のケーキ屋さん

半日掛けてiPhone(ios)のアップデートをしました。

インターネット回線の問題もさることながら、その間の電力も確保しなくてはならないので、今の季節が夏で良かったです。

インターネット回線(電力含む)の重要性は、今や水道管よりも上なのかもしれません。

夕方になってようやくアップデートが終わったので画面を見ると、見覚えのないアイコンが誕生していました。

今まで「ビデオ」だったものがこのアイコンに変わったようなのですが、見た目がダサいので消去しようかと思っています。

 

“田舎の納屋の中身|富士見町のケーキ屋さん” の続きを読む

YouTubeの寿司職人|月一イベント

毎月月初は、長野県岡谷市にある「ララ岡谷」というビルの骨董市に通っています。

そして少し前からは、ララ岡谷の帰りに魚屋さんに寄るようになり、晩ごはんには寿司を握るという習慣が出来上がりつつあります。

 

“YouTubeの寿司職人|月一イベント” の続きを読む

古物のメンテナンスと部屋の模様替え

ここのところ、古物の買い出しや仕入れで忙しくしていました。

骨董市めぐりなど、元々趣味でやっていたことが今は仕事になっているので、(たまに辛いこともありますが、)基本的には仕事という感覚ではありません。

古物のことは、四六時中考えていても飽きないので、このままうまく回っていけば良いなと思っています。

“古物のメンテナンスと部屋の模様替え” の続きを読む

骨董品から読み解く日本史|戦後の若奥様

昨日今日は、古道具三昧の日々でした。

 

[昨日]

この日は早起きをして、古道具市場まで行ってきました。

軽トラにのって古道具市場に向かう朝は、いつも渋滞しています。

“骨董品から読み解く日本史|戦後の若奥様” の続きを読む

毛虫のコンプリート|古道具の清掃と修理とメンテナンス

去年の秋か冬頃に、僕が古いブリキのバケツを持ってフラフラとしているところに、偶然ご近所さんと出くわしました。

ご近所さんは僕の持つバケツをみて、「こんなバケツが欲しい!」と言っていました。

 

今月買い出しで入ったお宅から全く同じ型のバケツが出てきたので、あげることにしました。

バケツを手渡した後もしばらく立ち話をしていたのですが、どんな会話をしていても毛虫が地面を歩いてきたり、上空から糸をつたって降りてきたりするので、その度に話の腰が折れました。

そして驚いたことに、ご近所さん(以下おばちゃん)はそんな毛虫を見るやいなや、「1匹で卵を700個も産むのよ!」と言って、次々に足でぐりっと踏み潰すのでした。

その度に「ウエッ」とか「ウイッ」とか「ウォッ」などと反応してしまったのですが、ちょっと志村っぽかったかなと後になって気が付きました。

“毛虫のコンプリート|古道具の清掃と修理とメンテナンス” の続きを読む

プロトレックの電池交換と初見の七輪

たまにしか使わない時計ですが、電池が切れかかっていたので交換しようと思います。

以前住んでいた町のメガネ屋さんでは、「時計の電池交換500円」と書かれた看板が立っていたのでお願いしていたのですが、僕の時計には電池が4つ入っていたので、費用も4倍の2000円となっていました。

電池交換で2000円と書いたところ、ふいに既視感に襲われました。

『デジャブ?』

関連記事:[DIY]腕時計の電池交換|三位一体!プロトレックを復活させたい|PRO TREK – CASIO

“プロトレックの電池交換と初見の七輪” の続きを読む

人間の内面が醸し出される家をのぞき見する職業|都合の良い男

昨日は図書館で数時間、本を読んだりブログを書いたりしていました。

その後長野に向かって車を走らせていたところ、電話が鳴りました。

 

着信の相手は師匠でした。

どうやら買い出しで入ったお宅から楽器が出てきたのですが、その買取金額が分からないので、僕に来てほしいという内容でした。

名のある楽器であればなおさら、インターネットで検索すればすぐに分かると思うのですが、師匠は自分では調べることが出来ないというのです。

 

急遽車をUターンさせ、指定された住所を目指しました。

自分で言うのもあれなのですが、いつでも電話一本で”直ぐに”駆けつけることが出来るのだから、僕は便利な男だと思います。

“人間の内面が醸し出される家をのぞき見する職業|都合の良い男” の続きを読む

仕入れて来た古道具のメンテナンス|秤にリベット、バケツの文字消し、革鞄、鉄脚、灯油ストーブ

前回仕入れてきた古道具の反省やメンテナンスについて、今日は書いていこうと思います。

古道具というだけあって、古いお宅の納屋やお蔵などに、長い間眠っていたものが多いのですが、そのままではとても汚くて、僕は売ろうと思えません。

買い取ったものを市場に持っていくのであれば、それほど掃除をしなくてもいいのかもしれませんが、骨董市やフリーマーケット、インターネットで小売する場合には、掃除とメンテナンスが必要となります。

※人によって考え方は様々なので、中には一切掃除もメンテナンスもしないという人もいるようです。

“仕入れて来た古道具のメンテナンス|秤にリベット、バケツの文字消し、革鞄、鉄脚、灯油ストーブ” の続きを読む

ギャンブルのような古道具市場|運否天賦では破綻する!?

全てがうまくいくときは、きっと歯車の様なものが過不足なく揃っている、奇跡的な状態なのだと思います。

少し前まで、ジムニーを手放すことに苦労をしていたのですが、いつも行くガソリンスタンドの店員さんが喜んで貰ってくれました。

車検が切れる前に譲渡が済んで良かったと安心していたら、その流れで店員さんから、僕がずっと欲しかった軽トラを安く譲ってくれるという方を紹介してもらったり、「少ないけど貰って!」とポチ袋をいただいたり、「薪ストーブに使って!」と、丸太を数本譲ってもらったりしました。

“ギャンブルのような古道具市場|運否天賦では破綻する!?” の続きを読む

初参加のフリーマーケット|古い軽トラの洗車とアンチエイジング

古物を仕入れてきたり、軽トラを買ってきたりしたからには、どこかで現金化をしなくてはなりません。

去年まではお客さんとして通っていたフリーマーケットが今年も開催されることになったので、今回からは出店者として、このフリーマーケットに参加してみることにしました。

“初参加のフリーマーケット|古い軽トラの洗車とアンチエイジング” の続きを読む

軽トラックに乗って|残り物の中から掘り出し物?古道具の買い出し

師匠に呼ばれて買い出しの手伝いに行くこと2日間、僕も隙きあらばおねだりをして、細々としたものをもらったりしていました。

買い出しに行ったお宅は、今月末から解体業者が入る予定になっているので、基本的には家の中に残っているものは何だって持ち出すことが出来ました。

師匠が2日間かけてハイエースで持ち出した後でもまだまだ荷物が残っていたので、僕も1日だけ個人的に時間をもらい、軽トラで買い出しに入らせてもらいました。

“軽トラックに乗って|残り物の中から掘り出し物?古道具の買い出し” の続きを読む

僕の私のゴールデンウィーク(10日間の振り返り)|ララ岡谷|角上魚類|古道具など

移住してからのGWはずっとアルバイト漬けだったので、雇われ仕事を辞めた今年のGWは、僕にとっては思い入れの深いものとなりました。

ようやく今年からは、僕も黄金色に輝くことが出来たのです。

地味に嬉しく、また、達成感というものはこのようにして感じ取るものなのだと知りました。

 

今日は僕のGWのまとめです。

 

“僕の私のゴールデンウィーク(10日間の振り返り)|ララ岡谷|角上魚類|古道具など” の続きを読む

デシケーターとは?|ヨキネコ、ワロキイヌ

思いつきでTSUTAYAに寄りましたが、僕は最近の映画事情に疎いため、何を借りて良いのかが分かりませんでした。

また、Amazonプライム会員でもあるので、特に旧作には手が出しづらかったです。

 

『借りてきた映画がプライムビデオでも観られるものだったら嫌だな…。』

 

このように考えてしまうのです。

 

マンガであればまだ多少は分かるし、インターネット上でも映画ほどはたくさん落ちていないので、今回はマンガ本だけを借りることにしました。

“デシケーターとは?|ヨキネコ、ワロキイヌ” の続きを読む

買ってきた古道具のメンテナンス|ミッキーマウスの大博打!

市場の競りに参加しているときは、もうトランス状態といってもいいくらいに夢中になってしまうこともあるので、後々のことまで考えが回りません。

しかし数分もすると落ち着いてくるので、倉庫のスペースのことや、購入後のメンテナンスやクリーニング、修理などのことを考えて、ゲンナリすることもあります。

 

今はまだ軽トラなどの、荷台の大きな車を持っていないので大事には至っていませんが、僕は意外と家具好きなので、もっと冷静でいられるように頑張ろうと思っています。

“買ってきた古道具のメンテナンス|ミッキーマウスの大博打!” の続きを読む

不意打ちのような大雪|江戸時代の裃(かみしも)

先日、今シーズン最大級の大雪が降りました。

今年は積もるまでの雪が殆ど降らなかったと拍子抜けしていたところに「ドカン」と降ったので、まるで不意打ちを食らったかのような衝撃でした。

 

この土地に長く住む郵便局員の方でも、この雪が降る前日にスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えてしまったと悔やんでいたくらいなので、やはり先日の大雪はイレギュラーなものだったようです。

 

しかし雪が降った日の翌日以降からはまた気温が上がったので、雪がなかなか溶けないはずの我が家の庭も、3日目には殆ど溶けて無くなってしまいました。

 

“不意打ちのような大雪|江戸時代の裃(かみしも)” の続きを読む