動画には出来ない企業案件やMCN、(聖地?)巡礼の話…。

市長が配布した金券が余っているので、市内屈指の観光スポット(ただの別荘エリア?)にあるタイ料理を食べに行った話や、そのお店の近所に立ち並ぶ別荘を見比べてみたといった内容の日記を書こうとパソコンを立ち上げたのですが、ふと、、

『読みたいと思う人はどれだけいるのだろうか?』

『これは僕に求められている内容なのだろうか?』

心配になってきました…。

 

そこで今回は、急遽youtubeに関係することで最近考えたことや、対応に苦慮してしまったことなどを書いていこうと思います。

 

※その前に、ブログ用に撮った写真の供養をさせてください…。

 

 

猫たちのこと…。

最近病気になってしまった綱吉…。

 

玄関開けて直ぐにミシェル。

※ブランケットが臭いのでそろそろ洗いたい…。

 

綱吉とクロは病院に通っています…。

 

薬を飲ませるのはもう諦めました…。※病院の先生にも許可を得ました。

 

最初は食べても、一度吐くと食べなくなってしまう…。※療法食なのでとても高い…。

 

産まれてから外に出さずに育ててきたので、車に乗せて病院に行くだけでも泣き続けてしまいます…。ただでさえ弱っているのに更に体力が無くなるし、これが大きなストレスになっていると思うと、とても辛いです…。

 

思わず猫たちの話しを始めてしまったので、youtubeに戻します。

僕のyoutubeチャンネルも、早いもので投稿から5ヶ月が経過しようとしています。

なぜかチャンネル登録者数だけは未だに伸び続けているので、ちょくちょくお仕事のお話をいただくようになりました。

いわゆる”企業案件”というものなのですが、これが意外と気を遣います…。

 

これまでに一度だけ受注(ポータブル電源のやつ)したことがあったのですが、苦労して作った割に再生数を稼ぐことが出来ず、また残念なことにチャンネル登録者もガクッと減らしてしまいました…。

頑張って作った挙げ句にチャンネルの縮小を招き、また再生数も稼ぐことが出来なかったので、お金にもなりませんでした。

しかしプロモーションの対価として、自分ではとても購入することの出来ない商品(レビューした商品のこと)をいただくことが出来たので、最初のお仕事としてはまずまずだったのかなと納得しています。

そもそもプロモーションの話が僕に来たということ自体が誇らしかったのを覚えています。

 

その後も電子機器や化粧品、インテリア、装飾品に靴や時計などと様々なお話をいただきましたが、結果としては全てお断りせざるを得ませんでした。

僕としてはコロナ禍以降、仕事が出来なくなっているし、更に猫たちの病院のこともあるので、是非ともお小遣い稼ぎをしたいと思っています。

そこに企業からのお仕事がメールで届くので、その度に期待をするのですが、僕のチャンネルが小さいことや、信用が無い為なのか、対価が商品のみという場合がほとんどなのです…。

個人的に欲しかったものにピンポイントで当たるということはまず無いので、(みっともないのであまり書きたくないのですが、)僕が動画でプロモーションをするメリットとリスクを、もう少しだけ考えて欲しいと思います。

また企業案件の単価の目安として「チャンネル登録者数」があるそうなのですが、これに関しても、クリエイターが事務所に属しているかどうかで変化するのだそうです。

僕のもとにもMCN?からのお誘いはあったのですが、ここでも僕が加入した際のメリットが見えて来なかったのでお断りしたという経緯がありますが、なぜ事務所に属していると企業案件の単価が上がるのでしょうか?

悔しいです。

 

不満ばかりをつらつらと書いてしまいましたが、今回僕が本気で書きたかったことはこの後のことです。

 

万が一僕の住所が分かったとしても、絶対に来訪することのないようにお願い致します。

 

僕が在宅、不在問わず不意に訪ねてくる人がいましたが、特に不在の場合は手土産などを置いていって下さることもあり、メッセージを読む限り暖かくて良識のある方だと文面から滲み出ている場合がほとんどなのでありがたいのですが、残念ながら嬉しさとともに”心配”の感情が湧き上がり、それは次第に嬉しさを飲み込んでいってしまいました…。

とても失礼なことを書いていると承知はしているのですが、僕からの目線だと、どうしても「正体不明の誰か…。」ということになってしまうのです。

きっと僕の場合は、インターネットを介したコミュニケーションというのが、最も心地のよい距離感なのだと思います。

生意気で本当に申し訳ないのですが、どうかリアルではそっとしておいてください。

よろしくお願いします。

こんな状況ですが、なんとか頑張っていこうと思っています。








「動画には出来ない企業案件やMCN、(聖地?)巡礼の話…。」への3件のフィードバック

  1. せっかくだから持続化給付金をもらったらどうでしょう。
    コロナの影響で古物商の仕事が減ったのは明らかだから利用していいと思いますよ。
    申請期限があるみたいなので下記サイトをご覧ください。
    〈公式サイト〉https://jizokuka-kyufu.go.jp

    新しい家楽しみにしています。

    単純に明り取りだけならこんなのもどうでしょうか。
    https://store.shopping.yahoo.co.jp/diysetubishop/epsdn-fix-06007.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title
    断熱や結露を防ぐ意味でも窓は樹脂のペアガラスがいいと思います。

  2.  アポ無しで来る人は、年齢層を問わず、いつの時代も一定数居るように思います。私は、実店舗を持たない雑貨屋を通販サイトで営んでいたのですが、サイト概要ページの事務所の住所を頼りに、アポ無しで来る人がたくさんいました。その手の人は、決まって変わり者ばかりで、長時間居座る、無用なアドバイスを長々と語る、仕事を手伝いたがる、本当に迷惑でした。ネット上でどんなに注意書き、事務所周辺に立て札や張り紙等を設置しても、残念ながら来る人は来るんですね。
     そういった方々への対処法として、前もってお断りするもっともらしい言い訳を、いくつか考えておいた方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA