[10月06~07]境内で見つけた古い鏡|猫の大佐とペンキ塗り|刈払機の大復活

[Diary:543]

夜中に映画を観始めると、寝る時間が遅くなり、目覚める時間も遅くなってしまいます。

しかし、遅く起きても僕はいつものようにのんびりと朝の身支度をしていたので、なにか食べようと思った頃にはもう、朝ごはんだか昼ごはんだか分からない、微妙な時間になっていました。

例えばレースゲームで出だしを失敗すると、やる気がなくなり、リセットボタンを押したくなりますが、(同じ様な理由なのかはわかりませんが、)今日は朝寝坊で出だしを失敗したので、なんとなくやる気が出ませんでした。

そのため、水くみや洗濯で外出したほかは特に働かず、ダラダラとしていました。

明日からはまたしばらく忙しくなりそうなので、今のうちに休めて良かったのかもしれません。

 

[10/06]

午後からは兄が遊びに来ることになっていたので、午前中は細々とした仕事だけをやりました。

 

底が抜けた、かなり古い木箱を修理します。

 

底板には合板を使ったのですが、野外で使用するので、念の為に防腐剤を塗りました。

 

手の込んだ作りの木箱だと思います。

底面以外の面には、クリーニング後に亜麻仁油を塗り込みました。

 

もう少し綺麗だったら、室内のお菓子入れなどに使いたかったです。

 

いかにも中古然としていたまな板を、電動カンナで削って綺麗にしました。

裏表を一回ずつ削っただけでしたが、驚くほどの木くずが出ました。

 

まな板を綺麗にして売るよりも、もしかしたらこの木くずを大量生産した方が儲かるのではないかと閃きかけたのですが、残念ながらこれだと思えるアイディアは浮かんできませんでした。

 

兄が遊びに来ても、小屋の中で話をして過ごすことが常で、小屋を出たとしても、家のまわりを軽く散歩する程度です。

この日も軽く神社を参拝した以外は、ずっと小屋の中で兄が持ってきてくれたお菓子やスイーツを食べていました。

 

神社の境内には、いかにも古そうな鏡が外に出されていました。

(欲しくなってしまうくらい)雰囲気のある鏡だと思いました…。



[10/07]

午前中は建築資材の買い出しに、午後からはDIYに明け暮れていました。

 

ホームセンターの壁に張り出されていました。

※「タイサ」を見かけた方は、ぜひフリーダイヤルに電話をしてあげて下さい。

 

ホームセンターでは、白いペンキと網目の細かいタイプの網戸(黒)を買ってきました。

 

作業を始める前に、先ずは薪を割って風呂に火を入れておきます。

 

貰ってきた古い木組みの窓を再生させ、風呂小屋に使いたいと思っています。

 

木部にはニスを、塗装面には白色のペンキを塗ることにしたのですが、買ってきた白ペンキが水性だったので不安になってきました。

※油性塗料の上には水性塗料を塗ることが出来ません。(直ぐに剥がれてしまう)

 

後戻りは出来ない、、というよりは、またペンキを買いに行くのが面倒だったので、『ええい、ままよ!』と水性の白ペンキを塗ってしまいました。

※わざわざ古材を集めてきて作るような小屋なので、多少ペンキが剥がれているくらいは気にしません。

 

風呂場で使う窓なので、無塗装という訳にはいきません。

こちらのタイプの窓ガラスには、透明のニスを塗ることにしました。

 

ニスを出したついでに、小屋の中で使っている食器棚や、台所で使っている丸椅子にもニスを塗っておきました。

 

ニスを塗って蘇った丸椅子。

 

午後には刈払機のプラグが届きました。

 

プラグの交換とあわせて、刃の交換もしておきました。

古い刈払機ですが、頗る調子が良くなったので嬉しいです。

 

おしまい。



「[10月06~07]境内で見つけた古い鏡|猫の大佐とペンキ塗り|刈払機の大復活」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    当方の草刈り機も今一調子が悪いのはプラグのせいかなと思えてきました。
    ま、だいぶ使ったので(5年位)交換してみます。

    1. 5年くらい使ったのであれば、一度交換してみるのも良いかもしれませんね。

      刈払機用のプラグは、500~1000円くらいで購入できると思います。

いちきゅー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA