お昼時のフードコートで阿鼻叫喚

図書館ついでに、ちょっと大きめのショッピングモールまで足を伸ばしました。

ちょうどお昼時だったので、ショッピングモールのフードコートで昼ごはんを食べることにしました。





 

路面の駐車スペースは満車だったので、3階まで登ってようやく車を停めることが出来ました。

何度も来たことのあるショッピングモールですが、フードコートを利用するのは初めてです。

エレベーター待ちの親子連れを尻目に、階段を使ってさっさとフードコートのある2階を目指しました。

 

フードコートの横には占いのスペースがあるのですが、その回りにお客さんが列をなしていたので、てっきりカリスマ占い師でもいるのかと思ったのですがさにあらず、この行列は「丸亀製麺」といううどん屋さんから伸びているものでした。

移住後は行けなくなりましたが、僕は「はなまるうどん」が大好きだったので、金曜日になると乗換駅である新宿で途中下車し、よく食べに行っていました。

一時、かけうどん(小)が毎日無料で食べられるという定期券が発売されたことがありましたが、購入を本気で考えるくらい、僕ははなまるうどんが好きでした。

※蛇足かもしれませんが、新宿西口にある思い出横丁(通称ションベン横丁)の「かめや」という立ち食い蕎麦にもよく行きました。ここの蕎麦は、最初はそれほどでもなかったのですが、しばらくすると何故かまた食べたくなるという、不思議な中毒性があったのです。

 

話を戻しますが、このフードコートに入っている「丸亀製麺」も、「はなまるうどん」と同じ讃岐うどんということもあるので、気まぐれにこの行列に並んでみようという気になりました。

徐々に列が進んでいったとき、この行列の意味がわかりました。

どうやら今日は、月一のサービスデーだったようです。

これは乗るしかないと思い、釜揚げうどん(大)を頼むことにしました。

 

うどんの他にも、美味しそうだったのでかき揚げも頼むことにしました。

僕は好きなお店を見つけると、飽きるまで通い続けることがあり、その為はなまるうどんのことならある程度詳しいのですが、丸亀製麺のことは殆ど何も知りません。

出てきたうどんは木桶に入っていたのですが、何故か茹で汁もたっぷりと入れられていたので戸惑いました。

ちょっと離れたところで、揚げ玉やネギや生姜などをトッピング出来たので、ここは他の人にならい、僕も七味やネギなどを入れに行きました。

ここにたどり着くまでにもフードコート内を走り回る子供たちが目の前を何度も駆け抜けて行きました。

よそ見をしていた子供が僕の肩を掠めて行った為、既に僕のお盆はこぼれた汁でビショビショでした。

早くもフードコートに来たことを後悔し始めていましたが、もううどんを買ってしまっているので、さっさと食べて出て行こうと思いました。

実は列に並ぶ前に、ちょうど空いた席があったので持っていた荷物を置いて席取りをしていました。

その席を目指して進んでいくと、その席の隣に座っていた幼い子供が、悪気なく僕の荷物に手を伸ばしていたので驚きました。

 

月一のサービスデーの、更にお昼時とあって、フードコートは殆ど満席でした。

 

絶えず子供たちが奇声を発しながら走り回るフードコートは、僕にとってはまさに“カオス”といった感じでした。

上下ジャージ姿の両親と大騒ぎする子供たちの横で、僕はなんだか肩身が狭い思いをしながらうどんを啜ることになってしまいました。

 

うどんが浸かっているのは、ただの茹で汁です。

写真には写っていませんが、小さな小鉢につけ汁がついて来たので、これにつけて食べるのだと思いますが、、

 

よくわかっていなかったので、ただの茹で汁のなかにかき揚げを入れていました…。

 

食べ方が良くわからなかったし、子供たちには気圧されて、あまりうどんを味わうことが出来ませんでした。

食べ終わった食器を片付けに行く時に、他の人のうどんの食べ方を覗き見たところ、山盛りのネギをうどんにかけて食べる人や、白ご飯を注文する人も多く、僕はカルチャーショックを受けました。

 

フードコートに併設された小さなゲームコーナーでは、相変わらず奇声を発する子供たちが列を作っていました。

 

もう二度とここへは来まいと心に誓い、集めると何かに交換出来るというサービス券をそっと2つに折り、逃げるようにフードコートを後にしました。

 

時間が経った今になり考えてみると、お客さんの少ない平日に、食べ方を学んでからもう一度くらいは行ってみたいと思うようになっています。

せめてサービス券は捨てずに持っておけば良かったです。




“お昼時のフードコートで阿鼻叫喚” への 6 件のフィードバック

    1. 子ども相手のワークショップでもそうでしたが、テンションの上がった子どもの、意味の分からない叫び声?は、動物が発するものとそう変わらないような気がしてしまいます。
      意味が分からないという点では、奇妙だと思います。

  1. 「丸亀製麺」のレポート是非またお願いします。走り回る子供たちは困りものですがなかなか注意できないですね。
    ところで、タイトルのイラストがとても気に入りました。
    もう一つ、愚問ですが、森のテロルさんの文章には誤字脱字がないですが、その秘訣は何でしょうか。

    1. 丸亀製麺に行くことがあれば、また書きますね。

      僕も最近知ったのですが、タイトルのイラストは、「あくたれラルフ」という絵本のものです。

      後で読み返してみて、誤字脱字を見つけて直すということもありますよ。

      秘訣というほどのものはありませんが、結構何度も読み返してからアップするようには心がけています。

      コメントありがとうございました!

  2. はじめましていつも楽しく拝見させていただいています。
    丸亀製麺はおいしいですよね!
    今鳴沢村に住んでいますがこの辺では日本一硬いといわれる吉田うどんが主流です。日本一柔らかい伊勢うどんと同じうどんの仲間とは思えません・・・
    ちなみに新宿かめやは私もよく通っていました。いつも天玉せいろ頼みます。丸亀では釜玉に鶏天です。

    1. はじめまして。
      読んでいただき、ありがとうございます。

      鳴沢村にはそんなうどんがあるのですね。
      近くを通ることがあれば食べてみたいと思います。

      長らくかめやで食べていません。
      思い出すと行きたくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA