三谷龍二の10cmと山屋の引ネキ飴|[驚愕の交通マナー]山梨VS長野|おまけ:回転寿司選手権

[Diary:574]

関連記事:[美しいものが美しい]松本民芸館で遊ぶ!

昨日の日記では、長野県松本市にある「松本民芸館」のことを書きました。

片道3時間を越える道中には、面白いもの、美味しいものがあったので、今日は昨日の日記の裏側を書いていこうと思います。

“三谷龍二の10cmと山屋の引ネキ飴|[驚愕の交通マナー]山梨VS長野|おまけ:回転寿司選手権” の続きを読む

[美しいものが美しい]松本民芸館で遊ぶ!

[Diary:573]

これから古物で食べていこうと思っているのなら、たまには美術館などへ行って目を肥やしておく必要があります。

自然豊かな田舎に引っ越した代償として、美術館に行くのも一苦労となってしまいましたが、師匠に教わった美術館(民芸館)が隣県の長野にあるので、行ってみることにしました。

我が家は山梨県の端っこにあるので、長野県は車で直ぐの距離にありますが、しかし一口に長野県と言っても広いので、片道3時間もの長旅となりました。

 

※今日は「松本民芸館」の紹介です。

“[美しいものが美しい]松本民芸館で遊ぶ!” の続きを読む

天皇陛下の交通違反!?|ダッチオーブンを使ったクリスマスのピザづくり

[Diary:572]

24日になったばかりの夜空は不気味なほどに明るく、なんだか不穏でしたが、それがまた魅力的に映りました。

“天皇陛下の交通違反!?|ダッチオーブンを使ったクリスマスのピザづくり” の続きを読む

スカートを履いた怠け者

[Diary:571]

日が短くなったことが関係しているのか、徐々に朝の目覚めが遅くなっています。

しかし東の空が白むまで起きていた頃(2、3年前?)に比べれば、遅くなったといっても朝の10時前後には起きているので、随分と真っ当になったと思います。

モバイルルーターを起動し、注文が入っていれば梱包して郵便局に持っていくくらいで、後は小屋の建築を進めるか、日々の雑事をこなすくらいしかやることがありません。

“スカートを履いた怠け者” の続きを読む

[貧しくなった日本]ブックオフとゲオではもう売らない!?|ユニクロより安いGUで買い物

[Diary:570]

関連記事:[生理的に無理!]ボイコット寸前!?不穏な寄せ書きと離れのルサンチマン

もしかしたらプレミア価格になっていないかなと妄想し、未開封のゲームやDVDがあれば貰っておいたので、さっそく売りに行ってきました。

売ったお金で、冬の暖かい服が買えたらいいなと思っています。

“[貧しくなった日本]ブックオフとゲオではもう売らない!?|ユニクロより安いGUで買い物” の続きを読む

[別荘が欲しい!]冬の避暑地が辛いのは道理

[Diary:569]

移住して最初の頃に知り合った人は、シーズン(春夏)は人が多くなるので、静かな冬のほうが好きだと言っていました。

僕は東京の喧騒にうんざりしていたし、覚えたての薪ストーブにもハマっていたので、冬のほうが良いという意見には賛成でした。

5年が経過した今では、既に薪ストーブも目新しくはなく、逆に東京の猥雑さすらも懐かしく思えます。

贔屓目なく判断すると、(水は凍らないし電気の心配もないので、)避暑地はやっぱり春夏、そして秋くらいまでがいいなと思います。

走り書きしたメモによると、12/9~10日辺りから雨水タンクの蛇口が凍りつくようになり、12/11~12日にかけ、初雪が降りました。

そして12/10~11日の夜は、とても星が多かったようです。

 

最近は一気に寒くなってきたので、その対応に追われています。

 

“[別荘が欲しい!]冬の避暑地が辛いのは道理” の続きを読む

[合理的バカ]良い時計とは?|おまけ:固着した瓶の蓋を開ける方法

[Diary:568]

同じ服を大量に購入して、服選びによる時間のロスや決断のストレスをなくせば、成功者になれるといわんばかりの記事を読みました。

確かに同じ服ばかりのスティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグは成功者かもしれませんが、僕はこれを真似ようとは思えません。

彼らは何故、そして何時、その様な習慣を身に付けたのでしょうか?

成功を収めたことで更に仕事に没頭するようになり、それに伴い、服選びにかかる時間が惜しく感じられるようになったとか、成功する前とでは比べ物にならないくらいの責任が生じ、そのために日々決断の連続で疲れてしまい、この様な習慣が出来ただけなのかもしれません。

※はたまた、アインシュタインなどの過去の偉人を真似ているだけなのかもしれません。

“[合理的バカ]良い時計とは?|おまけ:固着した瓶の蓋を開ける方法” の続きを読む

[生理的に無理!]ボイコット寸前!?不穏な寄せ書きと離れのルサンチマン

[Diary:567]

前回の日記:師匠と僕の一ヶ月|オタクの息子がいるお宅

買い取りで入った東京のお宅には、オタク?と思われる男性の部屋がありました。

今どきのゲームや漫画、電子機器などは師匠の守備範囲外なので、僕が丸ごと受け持つことになりました。

古いゲーム(ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、プレステなど)やパソコン(Windows98~me、XPくらい)などは残っていても、PS3~4、PsVita、大量のフィギュアなどは、箱だけが残っているだけで、中身は入っていませんでした。

他に目についたのは、コミケ関連のものやアニメキャラが全面に押し出された大量の紙袋、ポスター、そして漫画本です。

“[生理的に無理!]ボイコット寸前!?不穏な寄せ書きと離れのルサンチマン” の続きを読む

師匠と僕の一ヶ月|オタクの息子がいるお宅

[Diary:566]

先月を振り返ってみると、師匠の仕事を手伝ったのは4回だけでした。

仕入れで市場に行くことがなかったし、フリーマーケットに出店した日をカウントしても、先月外に出て働いたのは僅か5回でした。

しかしインターネットのお店は、今が書入れ時といわんばかりの売れ行きなので、平均して週に一回の師匠との仕事ですが、今のところはこのくらいが良いペースだと感じています。

 

今月もまた師匠の仕事を手伝っているので、今日はここらへんのところを書いていこうと思います。

“師匠と僕の一ヶ月|オタクの息子がいるお宅” の続きを読む

[ソーラー発電に辟易?]貧乏人のオフグリッド生活について考えてみよう!

[Diary:565]

まず最初に、僕が採用したような極々小規模な独立型太陽光発電システムは、決して「お得」ではないと思います。

※我が家のソーラーパネル→50W&200W

ソーラーパネルによるオフグリッド生活は、いずれ電力会社から電気を買うことになるのであれば、まあ1年から2年も楽しめたら、それで十分なのではないかと思います。

“[ソーラー発電に辟易?]貧乏人のオフグリッド生活について考えてみよう!” の続きを読む

うなぎが食べたい(500円の重み)|ビールの飲み方

[Diary:564]

タバコを吸う人がタバコに支払う500円と、僕が躊躇したうえに購入を断念した500円のうなぎは、きっと同じ500円ではありません。

生活必需品かどうかというのも、500円の重さを左右しますが、そんなことよりも、今日買うことの出来なかったうなぎに未練があり、現在気もそぞろです。

僕が買えなかったうなぎは、当然のようにスーパーの中国産で、しかも目の前で半額シールが貼られたばかりのものでした。

“うなぎが食べたい(500円の重み)|ビールの飲み方” の続きを読む

しあわせがいっぱい|おまけ

[Diary:563]

小屋を建てる工程の中で、合板の壁を立ち上げるパートの感動は凄いものでした。

合板で周囲が閉ざされ、景色が見えなくなると同時に、「安心」という得も言われぬ心地よさが生まれました。

今日も僕は大好きな自作の小屋の中で、勝手気ままに過ごしていました。

確かに上機嫌だったのですが、ふと小屋の外からみた自分を想像して、冷水を浴びせられたような気持ちになりました。

“しあわせがいっぱい|おまけ” の続きを読む