うまい話は存在するが、自分が遭遇するとは限らない|癒やしの畑仕事

4月の半ば、ご近所さん宅へお酒を飲みに行った時に、仕事の打診をされました。

「頼みたい仕事があるんだけど、ゴールデンウィーク中は忙しいよね?」

確かに僕が勤めている宿泊施設では、ゴールデンウィークと夏休み期間中が稼ぎ時であり、逆をいえば、それ以外は仕事がありません。

様々な理由でアルバイト先から心が離れていた僕は、

「アルバイトを休む良い口実になるので、その仕事やりますよ。」

と、ご近所さんからの仕事を受注することにしたのでした。

今日明日と、ジュエリーデザイナーであるご近所さんの仕事を請け負ったので、今日は朝から仕事の説明を受けにご近所さん宅へ伺いました。

仕事内容は、上顧客へ送るDMの封入作業なのですが、一枚一枚手書きで言葉を添えなくてはならないので、どうやら楽な仕事ではないと直ぐに分かりました。

ボイスレコーダーで録られた音声を聞きながら、DMの空白部分に200~400文字程度の言葉を添えるのですが、分からない漢字や人の名前が出てくるとちょっと面倒です。

今日のノルマは130人くらいで、明日は60人くらいだと聞いています。

朝から夕方までぶっ通しで頑張りましたが、70人くらいまでしか終わりませんでした。

明日の朝までに130人分は終わらせておかなくてはならないので、今夜は夜を徹して仕事をしなくてはならなくなりそうです。

 



また似たような仕事を頼まれたとしても、次は断ろうと心に決めましたが、しかし時給を考えれば宿泊施設のアルバイトよりも高待遇だし、小屋に持ち帰って仕事が出来るので、その点は気楽です。

 

チラシとメッセージを封入し、宛名を貼って、、という、正に内職といった仕事です。

 

宛名をど真ん中に貼る為の工夫を考えていた最初の頃はまだ元気でした。

 

ずっと細かい作業をしていると、目が霞んでくるので、そんなときは庭をぐるっと一周回ってきます。

植え替えた梨の苗に花が付いたと喜んでいたのですが、どうした訳か全部真っ黒になって枯れていました…。

蜘蛛の糸のようなもので白い花がグルグル巻きにされていたので、何かしらで害虫予防をしなくてはならなかったのかもしれません。

残念です。

 

自宅で作業をしていると、休憩時間についつい間食してしまいます。

夕飯時になってもそれほどお腹が空いていなくて、『良くないなぁ…』と反省しました。

 

仕上がった分は今日中に郵送したいというので、夕方になった時点で終わっていた分だけは手渡しました。

その後は気分転換に、野菜の苗や種を植えました。

今日の僕には、このような畑の作業がとても癒やしに感じるのでした。

 

おしまい。

 




「うまい話は存在するが、自分が遭遇するとは限らない|癒やしの畑仕事」への2件のフィードバック

  1. テロルさんの認めるようなうまい話にも、そのうちテロルさんなら遭遇するものと思います。

    仕事は誰にでも回ってくるものじゃないのですが、テロルさんには仕事を頼みたくなるようです。

    頼まれる仕事のなかに、うまい仕事が紛れ込んでくる。
    そういう可能性のあるツテならそういうこともあるのでは。

    でも、うまい仕事ってのはみんなが見てるブログのネタとしては使えないんじゃないでしょうか。

    1. うまい話が紛れ込んでくると良いのですけどね。。

      確かに誰にでも真似が出来てしまうようなうまい?商法を見つけたとしたら、僕もブログには書かないでしょうね。

      そう思うと、巷に転がっている美味しい話の大部分は眉唾ものなのかもしれませんね。

terror へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA