便秘の猫に要注意!|「馬尾仙椎症候群」と診断されたクロのレントゲン写真

我が家の猫(クロ)が病気になってしまいました。

完治することは無いと言われ、僕も頭がグワングワンです…。

僕が夜中に仕事をしていると、必ずと言っていいほどやってきては、「撫でろ!」と大声で鳴いていたクロが、一昨日くらいから様子が変わってしまったのです。

トイレに入っては出るを繰り返し、しまいには吐いてしまうこともありました。

前々から便秘症のところがあったので、今回も楽観視していたのですが、あまりにも症状が改善しないのでクロの身体を調べてみたところ、なんとお尻が“デコポン”のように突起していたのです。

 

文章だけでみると笑い話のようですが、実際に見た時の衝撃はなかなかのもので、『これはヤバい!』と直ぐに病院に連れていくことにしました。

ちなみに、猫を4匹も飼っていると、年間に数回は病院に掛かるものだと思っていたのですが、移住後は不思議とみんな元気で、これまでに一度も病院に行くことはありませんでした。

その為どこの動物病院が良いのか全く分からなかったので、僕が知る限り一番近いところ(15kmくらい)に連れていくことにしました。

 

久しぶりに物置からケージを出してきました。

 

必要になるか分かりませんでしたが、念のため、以前動物病院から渡されていた手帳を持参しました。

クロ以外、まだみんな小さくて驚きました。

 

診察室には、多少インパクトの強い模型が置いてあったので、ちょっと怖くなってきました。

クロも怖がっているのか、車の中からずっと泣いています…。

 

ヒアリング後は、先生による触診が始まり、そして”デコポン”のように突き出してしまった肛門をグッと押し込むようにして、詰まっていた便を少し(親指の第一関節くらい)だけ搾り取ってくれました。

その際クロは、痛みから大いに暴れました。

その後は血液検査とレントゲン、脱水症状を緩和するための点滴、抗生物質の投与、そして最後には、油のようなものを口から飲ませていました。

当初先生は腎臓機能の低下を疑っていましたが、検査の結果は「馬尾仙椎症候群」というものでした。

これは完治するということが無いらしく、今後はずっと投薬の必要があるようです。

そしてかなりの量の便が未だにお腹の中に詰まっている為、今後も通院しなくてはならないそうです…。

クロのレントゲン写真(閲覧注意!)

 

お腹の中のゴロゴロとしたものは、すべて便だそうです…。

 

今後は朝晩と、この油のようなものを口から飲ませなくてはなりません。

 

血液検査の結果。

 

「17380円」

お金のことなんて言いたくありませんが、さすがに眩暈がしました。

今後のことを考えると、気持ちが沈んでいきます。(働きに出なくてはならなくなるかもしれませんね…。)

 

とにかく身体に良さそうなご飯と、、

 

“とびきり”の贅沢を。

 

クロ専用のご飯入れを用意しました。

 

最後はダイソーで、「厚手衣類用」の洗濯ネットを購入しました。

これは病院でお勧めされたもので、ポイントは大きくて立体型の、目の粗いものを選ぶことだそうです。

 

クロはやせ細った野良猫でしたが、なぜ僕が引っ越してきたアパートの窓を叩いたのか不思議でした。(クロを飼ったことでそのアパートは追い出されました…。)

しかし振り返ってみると、クロたちは僕の放浪癖を直してくれたし、責任感というものを与えてくれたような気がしています。

自分のことは後回しにしてでも、通院代だけは何とか捻出できるように、今後は色々と考えなくてはなりません。

 

とりあえず今日は一日、youtubeの動画編集を(本気で)勉強しています。

「何の心配もいらないよ。」と言ってあげられるような、大きな男になってみせます。

 

おしまい。







「便秘の猫に要注意!|「馬尾仙椎症候群」と診断されたクロのレントゲン写真」への4件のフィードバック

  1. クロちゃん、早く楽になるといいですね。
    ウチの猫もたまに便秘ぎみになることはありましたが、そんな病気があるのは初めて知りました。
    最後の洗濯あみは何に使うのですか?

    1. そうですね、早く元気になってほしいですね。

      洗濯網は、猫を病院に連れていくときに使います。
      ネットが身体に触れていると安心するのだそうです。

Keiichi へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA