[レシピ]余ったシロップを使ったベビーカステラのようなおかし作り|薪ストーブ料理

黒豆を食べ終わった後に残る、黒豆シロップの使いみちをご紹介します。

今回使うのは黒豆のシロップですが、他にも様々なシロップで代用できると思います。

 

黒豆を煮たことのある人なら分かると思いますが、このシロップにはかなりの量の砂糖が溶けているので、捨ててしまうのは勿体無いです。

 

僕は仕事柄、変わった物を見つけてくることがあります。

今回も、明治時代から続く旧家から見つけてきたこの金型を使って、おいしいお菓子作りに挑戦してみようと思います。

 

当時(はっきりとした年代は不明です。)は30円で売られていたようです。

 

残り物のシロップを使ったベビーカステラ風おやつの作り方

[材料:4人前くらい]

※写真の金型で、10個分です。

 

・小麦粉:150g

・黒豆シロップ:120g

・ベーキングパウダー:小さじ1と1/2

・卵:1つ

・油:大さじ1

 

小麦粉、ベーキングパウダー、卵、油をボウルに入れます。

 

続いて、黒豆シロップを投入しましょう。

 

後は良く撹拌するだけの簡単レシピですが、この際、切るように混ぜるのがポイントです。

※切るように混ぜることで、よく膨らむようになります。

 

予め金型には油を引き、良く温めておきましょう。

 

よく混ぜた生地を金型に流し込みます。

 

今回はアルミホイルで蓋をしました。

 

約10分後、ぽつぽつと気泡が出てきたら、ひっくり返すタイミングです。

 

アルミホイルの蓋を下にして焼き続けるのもありですが、今回は2度目、3度目と焼いていきたいので、このタイミングで金型から出してしまいます。

 

金型に良く油が馴染んでいれば、簡単に取り出せます。

 

完成。

ホットケーキのような、ベビーカステラのような食感で、とても美味しかったです。

黒豆を食べきっていなければ、今川焼きのように中に入れても美味しかったと思います。

 

お試しあれ。

 

関連記事:古道具屋みならいのリアルなところ|黒豆シロップの活用法




「[レシピ]余ったシロップを使ったベビーカステラのようなおかし作り|薪ストーブ料理」への2件のフィードバック

  1. 黒豆カステラ美味しそうですね。
    今度黒豆煮た時は作ってみたいです。
    昔おばあちゃんが作ってくれた味噌蒸しパンを思い出しました。
    甘塩っぱくて美味しかったですよ。

terror にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA